サイト内検索
トップページ

もきち写真館

陸上偵察(おかドライブ)記

越南工廠
・ 情報通信部
  ・ 自宅サーバ構築
    - CentOSインストール
    - セキュリティ情報の入手
    - 「マイIP」利用で固定IP
    - 日本語ドメインの運用
  ・ スターデジオ録音
  ・ WindowsXPでS-YXG50
  ・ ノーブランドメモリ
・ 電子工作部

お問い合わせ

プロフィール

リンク

サイトマップ
プリンタ画像印刷用ページ   RSS2.0

自宅サーバ構築

ここでは、常時接続環境を利用し、Linuxで24時間稼動の自宅サーバを構築するための要点を解説します。
以下に挙げるメリットとデメリットとをふまえ、うまくコントロールすれば、 インターネットの海原における拠点づくりに役に立つかと思います。

メリット
  • プロバイダやその他有料サービス利用時の様にディスク容量や環境など各種制限がない
  • プロバイダやその他有料サービスの提供業者を変更してもアドレス変更がない
  • 複数ドメインを運用する場合などはトータル費用が安く済む
デメリット
  • サーバ管理を怠るとセキュリティ上の重大な問題が発生したり他人に迷惑がかかる(運用は自己責任で)
  • PCの騒音と電気代の問題を解決しなければならない(PentiumM等を使用すれば改善可能)
  • 自学自習が基本なので、問題にハマると「とことん」ハマる(好きでないと続かない)


次に、必要となるものを以下に列挙します。

必要となるもの
  • Linuxの使用方法やネットワークに関する最低限の知識(関連本を1冊は入手したい)
  • 最低1個のグローバルIP(上り方向についてポート番号1023番以下も開放されていること)
  • 専用PC(初心者ほど速いPCを推奨)
  • 根気と少しの英語読解力


章目次
01. CentOSインストール
02. セキュリティ情報の入手
03. 「マイIP」利用で固定IP
04. 日本語ドメインの運用

トップページ |  お問い合わせ |  サイトマップ
2017年10月24日(火) 2時14分43秒